警視庁は、楽しみながらサイバーセキュリティーを学ぶことができるボードゲーム「サイバー迷宮脱出ゲーム」を、2020年4月24日よりホームページで無料配布しました。

ゲームはPDFファイルになっていて、プリンターで印刷し切り取ることで遊ぶことができます。

※⇒サイバーセキュリティ学習用ボードゲーム紹介ページ(警視庁)

 

ゲーム内容は人生ゲームのような「すごろく系」。

2チームに分かれてのチーム戦で、サイコロを振り、コマを進めて、「サイバー迷宮からの脱出」というゴールを目指します。

「インターネット利用5つの掟」を読んで基礎を学んでから、スタート!

マスにとまると、様々なインターネット上で起こるトラブルによりマイナスポイントになったり、「サイバーセキュリティークイズ」に正解することでポイントを獲得することができるようになっています。

インターネットでのトラブルにどう対処するかをみんなで考えるきっかけになり、正しいサイバーセキュリティの知識を身に付けるとができます。

 

今やインターネットの利用が生活の一部となり、子供も気軽に使うようになりました。

ただ、サイバーセキュリティーへの意識はまだ低い現状があります。

サイバーセキュリティーを楽しみながら学ぶことができるツールとして、ボードゲームとして配布されたのは良いアイデアですね。

ルールは簡単なので、パソコン・スマホなどでインターネットを子供がよく利用しているという方は、印刷していっしょに遊んでみてはいかがでしょうか?

※⇒サイバーセキュリティ学習用ボードゲーム紹介ページ(警視庁)

●サイバー迷宮脱出ゲーム

【対象】
インターネットを利用する小学生(高学年)から高校生及びその保護者等

【実施人数】
3名以上推奨

・プレイヤー2名
・進行役(高校生以上)1名

※注記
印刷したものをはさみなどで一部切っていただきます。刃物の取扱いには注意しましょう。

※私のツイッターでは、ボードゲームの予約&通販情報や最新情報を毎日発信しています。ボードゲームが好きな方は、ぜひフォローよろしくお願いいたします。

こちら⇒twitter.com/KenJboardgame