2020年5月18日、ドイツ年間ゲーム大賞(Spiel des Jahres、略して「SDJ」)3部門のノミネート作品各3作品、合計9作品のボードゲームが発表されました。

ドイツ年間ゲーム大賞は・・・

「年間ゲーム大賞(赤ポーン)」
「年間エキスパートゲーム大賞(黒ポーン)」
「年間キッズゲーム大賞(青ポーン)」

の3つの部門にわかれていて、それぞれ3つのタイトルがノミネート作品として選ばれ、さらに後日それぞれの大賞が選ばれます。

赤ポーンと黒ポーンの大賞はベルリンにて7月20日に発表。

青ポーンはハンブルクで6月15日に大賞が発表されます。

それでは、各賞にノミネートされた作品を紹介します。

年間ゲーム大賞 ノミネート作品

※赤ポーンの「年間ゲーム大賞」は、ドイツ年間ゲーム大賞のメインとなる賞。比較的ルールも難しくないものが選ばれる傾向にある。

マイシティ(My City)

ライナー・クニツィア先生のタイル配置&レガシーゲーム。
現在、日本での流通はしていないと思いますが、ちょっとわかりません。

・ゲームデザイン:R.クニツィア
・イラスト:M.メンツェル
・出版社:コスモス
・プレイ人数:2~4人用
・対象年齢:」10歳以上
・プレイ時間:約30分

※⇒boardgame geekのページはこちら

ノヴァルナ(Nova Luna)

ウヴェ・ローゼンベルクのタイル配置パズルゲーム。
ホビージャパンから日本語版が発売されています。

・ゲームデザイン:U.ローゼンベルク&C.ファン・モーセル
・イラスト:L.ジークモン
・出版社:シュピールヴィーゼ出版+ペガサス
・プレイ人数:1~4人用
・対象年齢:8歳以上
・プレイ時間:約30分

※⇒boardgame geekのページはこちら

ピクチャーズ(Pictures)

オブジェを並べてお題を表現するゲーム。
日本での流通は、現在、アーチゲームズより和訳付きで販売されています。

・ゲームデザイン:D.シュテール&C.シュテール
・イラスト:D.マイヤー、出版社・PD出版
・プレイ人数:3~5人用
・対象年齢:8歳以上
・プレイ時間:20~30分

※⇒boardgame geekのページはこちら

 

また、ノミネートまでには手が届かなかったものの、推薦リスト入した中に日本産のボードゲーム「リトルタウンビルダーズ」が入ったのは嬉しいですね。

created by Rinker
アークライト(Arclight)
¥3,788 (2020/09/27 12:14:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

【推薦リスト作品】
(日=日本語版あり、訳=和訳ルール付きで流通、日本流通が無いor分からないものは記載なし)

ドラフトザウルス(訳・日予定)、森のキツネ、キッチンラッシュ(日)、リトルタウンビルダーズ(日本産)、スパイシー(訳)、カラーブレイン

年間エキスパートゲーム大賞 ノミネート作品

黒ポーンの「年間エキスパートゲーム大賞」は、ボードゲーム経験者向きのものが選ばれる傾向にあります。

カートグラファー(Der Kartograph)

フリップ&ライトのパズルゲーム。
日本での流通は「ゲームストア・バネスト」さんが和訳ルール付きで販売していました。

・ゲームデザイン:J.アダン
・イラスト:L.リベーロ
・出版社:ペガサスシュピーレ
・プレイ人数:1~8人用
・対象年齢:10歳以上
・プレイ時間:30~45分

※⇒boardgame geekのページはこちら

ザ・クルー(Die Crew)

SFテーマの協力型トリックテイキングゲーム

「ジーピー(GP)」により、2020年の4月頃に和訳ルール付きで各ボードゲームショップに流通しましたが、今は在庫切れ。

ただ、2020年内にGPが日本語版を出す予定があるとのことです。

【※追記 2020年5月21日(木)】週末頃に、和訳付き輸入版がジーピーより追加販売されるとのことです。私のツイッターでも通販情報を随時ツイートしていきます。

・ゲームデザイン:T.ジング
・イラスト:M.アームブルスター
・出版社:コスモス
・プレイ人数:3~5人用
・対象年齢:10歳以上
・プレイ時間:20分

※⇒boardgame geekのページはこちら

キングスジレンマ(The King’s Dilemma)

二者択一でストーリーが進行するゲーム
日本での流通はわかりません。

・ゲームデザイン:L.シルバ&H.ハッチ&C.ブレッリ
・イラスト:G.バローニ
・出版社:ホリブルギルド+ハイデルベアゲームズ
・プレイ人数:4~5人用
・対象年齢:14歳以上
・プレイ時間:45~60分

※⇒boardgame geekのページはこちら

 

【推薦リスト作品】
(日=日本語版あり、訳=和訳ルール付きで流通、日本流通が無いor分からないものは記載なし)

アンダーウォーターシティーズ(日)、レス・アルカナ(日)、西フランク王国の聖騎士(日)

年間キッズゲーム大賞 ノミネート作品

青ポーンの「年間キッズゲーム」は、その名の通り、子供向けのボードゲームが選ばれます。

フォトフィッシュ(Foto Fish)

色に反応するゲーム。
現在の日本での流通はわかりません。

・ゲームデザイン:M.カラウフ
・出版社:ロジス
・プレイ人数:2~4人用
・対象年齢:4歳以上
・プレイ時間:15~20分

※⇒boardgame geekのページはこちら

スピーディロール(Speedy Roll)

ハリネズミのレースゲーム。
現在の日本での流通はわかりません。

・ゲームデザイン:U.スリンスカス
・イラスト:I.ペチェンキナ
・出版社:ピアトニク
・プレイ人数:1~4人用
・対象年齢:4歳以上
・プレイ時間:20~25分

※⇒boardgame geekのページはこちら

ぼくたちロボット(Wir sind die Roboter)

無言での協力ゲーム。
現在の日本での流通は「ゲームストア・バネスト」さんが和訳ルール付きで販売

・ゲームデザイン:R.シュタウペ
・イラスト:O.フロンデンライヒ
・出版社:ニュルンベルガーシュピールカルテン出版
・プレイ人数:2~6人用
・対象年齢:5歳以上
・プレイ時間:15分

※⇒boardgame geekのページはこちら

 

【推薦リスト作品】
(日=日本語版あり、訳=和訳ルール付きで流通、日本流通が無いor分からないものは記載なし)

ゴースロー!、ズーラン、マジックスクール、パズルメモ、幸せなハンス、スライドクエスト(日)、ゾンビキッズ(日)

 


今後、大賞などが決まれば、大賞作品やノミネート作品の流通、日本語版の販売などの展開も期待できますね。

大賞はどれになるのか、予想しながら発表を待ちましょう。

※私のツイッターでは、ボードゲームの予約&通販情報や最新情報を毎日発信しています。ボードゲームが好きな方は、ぜひフォローよろしくお願いいたします。

こちら⇒twitter.com/KenJboardgame

【人気のボードゲームが激安!大幅割引!】

※⇒新品&中古ボードゲームが割引価格!

※⇒新作ボードゲーム予約一覧!割引価格