大阪のボードゲームの出版社「アソビジョン(Asobition)」は、「ミレニアム・ブレード」の日本語版プロジェクトを、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて行うことをツイッターで発表しました。

プロジェクトの開始は「2020年5月15日(金)頃」ということなので、確定的な開始日は決まっていないようです。

 

今後の詳しい開始日時など、また発表があると思いますので、注目ですね。

私のツイッターでも最新情報をツイートしていきますので、興味がある方はぜひフォローよろしくお願いします。

※私のツイッターでは、ボードゲームの予約&通販情報や最新情報を毎日発信しています。ボードゲームが好きな方は、ぜひフォローよろしくお願いいたします。

こちら⇒twitter.com/KenJboardgame

 


【追記 2020年5月15日】
ミレニアムブレード日本語版のクラウドファンディングが「2020年5月15日(金) – 19時(午後7時)より開始」されることが、公式ツイッターより報告されました。下記をご覧ください。

「ミレニアム・ブレード」ってどんなゲーム?

「ミレニアム・ブレード」は、TCG(トレーディングカードゲーム)の楽しさを1つボードゲームとして完成させた作品。

ゲーム内容は、架空のTCG「ミレニアム・ブレード」の競技者となり、ゲーム内のショップでカードを購入し、カードをトレードし、カードを売り、そして自分のデッキを構築し、それぞれのプレイヤーの特別な能力も駆使しながら、大会で勝利することが目的となります。

また、リアルなTCGの楽しさもゲーム内で表現されていて、何度も遊びたくなるような仕掛けが詰め込まれています。

たくさんのカードには全てテキストが書かれていて、その内容を理解することも重要なため、その点において少しハードルが高く感じる方もいらっしゃるかと思います。

ただ、TCGが好きな方や、TCGを始めてみたい方、デッキ構築系のボードゲームが好きな方は夢中になれるでしょう。

繰り返し遊びたくなる魅力的なゲームです。

【人気のボードゲームが激安!大幅割引!】

※⇒新品&中古ボードゲームが割引価格!

※⇒新作ボードゲーム予約一覧!割引価格