ボードゲーム「猫島 日本語版」のゲーム内容や発売日の紹介、またお安い価格で買うことができる通販&予約情報を紹介します。

※⇒予約・通販情報をすぐ見たい方はこちら(このページの下へ)

猫島 日本語版のゲーム内容の紹介

「ホビージャパン」は、「猫島 日本語版」を「2024年5月下旬」に発売することを発表しました。

価格は「定価:6,600円(消費税10%込み)」

・プレイ人数:1-5人
・対象年齢:7歳以上
・プレイ時間:約15分

 

ここは、猫だらけの島、猫島。

知能と器用さを使いこなし、この島の4つの地区に電気を供給していきましょう。

ただ、電柱の設置はそううまくいきません。

なにせ、この地区はとても狭い上に、好奇心たっぷりな猫たちは、電線を渡るのが大好きだからです・・・!

 

「猫島 日本語版」では、プレイヤーは島の4つの地区に電力網を広げるために、電柱を設置します。

手番が来たら、ダイスを振り、4つに分かれたボードのどこに電柱を設置するかを決定します。

そうして袋からキューブを引き、その色の電線でつながった電柱1組を設置します。

色によって、電線の長さが異なるためよく考えてうまく設置しましょう。

 

袋から引いキューブが黒であれば、電柱の設置だけでなく、猫を電線にぶら下げる必要があります。

猫は、地面や他の電線に触れると感電してしまうため、気を付けてぶら下げてあげましょう。

 

設置することができれば、次のプレイヤーに手番がうつります。

誰かが電柱を倒してしまった時点でゲーム終了となります。

 

「猫島」は、より多くの電柱を設置する「協力モード」と、電柱を倒したプレイヤーが負けとなり他の全員が勝ちとなる「対戦モード」が選べます。

この他に、2人のプレイヤーで、電柱1組を設置するタッグモードで、最大8人まで遊べるようになったり、さらに厳しい条件で遊べる追加ルールなど、色々な遊び方が選べます。

 

先読みとチャレンジで楽しめる!器用さとバランスも必要なオリジナルゲーム「猫島」。

ルールはシンプルだけど、色々な遊び方で子供からお年寄りまで一緒に遊べます。

設置の際のドキドキハラハラ、だんだん完成していく過程も楽しめる作品です。

※⇒board game geekの紹介ページはこちら(海外サイト)

※⇒予約・通販情報はこちら(このページの下へ)

プレイ人数・対象年齢・プレイ時間など

・プレイ人数:1-5人
・対象年齢:7歳以上
・プレイ時間:約15分
・デザイン
System:David Carmona、Karen Nguyen
Art:Gilles Warmoes
・版元:Unfriendly Games
・発売日:2024年5月下旬
・販売メーカー:ホビージャパン

猫島 日本語版の内容物の紹介

木製ボード 1つ
電線でつながった木製電柱 42本
木製キューブ 28個
袋 1つ
木製ダイス 2個
猫シルエット 7つ
鳥の巣トークン 20個
レベルカウンター 1つ
ルールブック 1部

猫島 日本語版の予約&通販情報!

ボードゲーム・カードゲームが安い価格、割引価格で予約・購入できる通販サイトといえば「駿河屋」「アマゾン」「楽天市場」「Yahoo!ショッピング」の4つです。

ですので下記より、上記4つの通販サイトの「猫島 日本語版」への販売ページへのリンクを掲載します。

価格・送料も含めて金額を比較・確認してください。
(※高値での販売がある場合もあるので注意。定価は下記記載)

【定価:6,600円(消費税10%込み)】

【駿河屋】

●こちら⇒猫島 日本語版の現在の価格はこちら

・送料:1,500円以上の購入で送料無料

【通販手数料】
・5千円未満:216円(北海道・沖縄:540円)
・5千円以上:無料(北海道・沖縄:270円)
・1万円以上:無料

※最新の価格・送料は上記リンクをタップorクリックで確認してください。

【アマゾン】

●こちら⇒猫島 日本語版の現在の価格はこちら

・送料:ほとんどの場合「送料無料」

※最新の価格・送料は上記リンクをタップorクリックで確認してください。

【楽天】

●こちら⇒猫島 日本語版の現在の価格はこちら

・送料:楽天の出店サイトによる。

※上記リンクを「タップorクリック」すると、楽天市場の検索結果が見られます。最新の価格・送料を確認してください。

【Yahoo!ショッピング】

●こちら⇒猫島 日本語版の現在の価格はこちら

・送料:Yahoo!ショッピングの出店サイトによる。

※上記リンクを「タップorクリック」すると、Yahoo!ショッピングの検索結果が見られます。最新の価格・送料を確認してください。

※私のX(旧ツイッター)では、ボードゲームの予約&通販情報や最新情報を毎日発信しています。ボードゲームが好きな方は、ぜひフォローよろしくお願いいたします。(Xにログインしてご覧ください)
こちら⇒x.com/KenJboardgame