週刊少年ジャンプで大人気連載中の「Dr.STONE」のボードゲーム「Dr.STONE 千空と文明の灯」の発売が、「2020年12月24日」に予定されていることが、「ゲームマーケット秋2020」の2日目(2020年11月15日)の「アークライト新作発表」のライブ配信にて発表されました。

価格は「3,800円(税込:4,180円)」。

 

本来、2020年春の東京ゲームマーケットのカタログにおいて「2020年7月発売予定」とされていたのですが、新型コロナウイルスの影響もあり開発が進まなかったようで、この時期にきてようやく発売日がほぼ確定したとのことです。

ゲームデザインは、ロングセラーのカードゲーム「ラブレター」のゲームデザイナーとしても知られている「カナイセイジ」さんが担当しています。

 

ゲームの内容としては、「Dr.ストーン」に登場するキャラクターの1人を各プレイヤーが担当し、進むごとに見えてくる目的を達成しながらプレイヤー同士が協力してプレイしていく、ストーリークリア型のシナリオゲーム。レガシー系のようなゲームになるとのこと。(目的の内容はゲームを始めることで明らかになります)

だからといって、よくあるレガシー系のボードゲームのように、内容物を破ったりなどは無く、ストーリーを進めていき、失敗しても再チャレンジできる内容となっているようです。(ただし、ストーリーのネタバレは厳禁!)

ストーリーは「全部で3話」用意されています。ストーリー自体はアニメの第1期の内容をなぞっているとのことで、難易度については若干高め。ただリプレイすることができるので、クリアするまで挑戦しがいがありますね。

また、「素材と素材を組み合わせて新しいアイテムを造る」など、Dr.ストーン独特のシステムも盛り込まれているという点も楽しみです。

プレイ人数は「1~4人」ですので、人数が集められない人でもソロプレイで挑戦できます。

 

私は原作は見ていませんが、アニメ第1期を見て大好きになりました。

アニメ第2期が2021年の1月に放送予定ということで楽しみですが、その前にボードゲームで楽しむのもいいですね。

これから予約情報なども出てくると思います。

私もツイッターで予約情報・通販情報をツイートしていきたいと思いますので、是非チェックしてくださいね。

絶対買うぞ!

※私のツイッターでは、ボードゲームの予約&通販情報や最新情報を毎日発信しています。ボードゲームが好きな方は、ぜひフォローよろしくお願いいたします。

こちら⇒twitter.com/KenJboardgame