ジーピーは、大人気パズルボードゲーム「ウボンゴ」の立体バージョン「ウボンゴ 3D」の日本語版を発売することを、公式ツイッターで発表しました。

発売日は「2020年9月2日」、定価は「6,500円税別」。

 

「ウボンゴ 3D」は、和訳付き輸入版が流通していましたが、安定流通はしておらず欲しくても買えないという方もいらっしゃったのではないでしょうか。

ただ、今回の日本語版の発売により、入手しやすくなると思います。

 

「ウボンゴ スタンダード版 日本語版」は、テトリスに出てくるような形の紙製の平面タイルを組み合わせて、指定の形に完成させるパズルゲームでした。

ただ、ウボンゴ 3Dはルール自体はウボンゴとほぼ同じですが、パーツが立体的になっているため、ウボンゴよりも難易度は高くなっています。

私は輸入版を所有していますが、個人的には3Dのほうが好きです。

プレイ人数は「1~4人用」と、ソロプレイも可能となっていますので、人が集まれない場合でも一人で立体パズルに挑戦することができます。

 

この記事を書いている現在では、予約が開始されているショップもあります。

人気商品になると思いますので、欲しい方は予約をしておくといいでしょう。

こちら⇒ウボンゴ3D日本語版の通販情報&ゲーム紹介

私のボードゲーム専用ツイッターでも、予約情報など随時発信していきたいと思います。

※私のツイッターでは、ボードゲームの予約&通販情報や最新情報を毎日発信しています。ボードゲームが好きな方は、ぜひフォローよろしくお願いいたします。

こちら⇒twitter.com/KenJboardgame

【人気のボードゲームが激安!大幅割引!】
※⇒新品&中古ボードゲームが割引価格!
※⇒新作ボードゲーム予約一覧!割引価格

ウボンゴ3Dで立方体を作る!オリジナル拡張!

ウボンゴ3Dのパーツを使って「立方体(六つの正方形に囲まれた立体)」を作ることに挑戦する、オリジナル拡張が有志の方より無料公開されています。

ファイルは「PDF」ファイルとなっていて、ダウンロード&印刷して使うことができます。

私も実際に印刷して遊んでみましたが、なかなか手応えがあり面白いです。どうしても完成できなかったものもありました・・・(汗)。

ウボンゴ3Dをすでにもっている方、またこれから買うという方も、一度挑戦してみてください。