ポルトガルのボードゲームサイト「シュピール・ポルトガル」は、2020年11月25日に「ポルトガル年間ゲーム大賞2020」の大賞作品を発表しました。

作品の選出方法は、サイトのメンバーがまず新作のボードゲームの中から「10作品」を選出し、さらにその中から「5作品」をノミネート作品として投票により絞り込まれます。

 

審査のポイントは、

「コンポーネント」「テーマ性」「ゲームシステム」「リプレイする価値」「インタラクション」「総合的な面白さ」

の6つの項目により、大賞作品が決定します。

 

そして、審査委員会の投票により決定した大賞受賞作品が・・・

 

★バラージ(Barrage)

 

「バラージ」は、イタリアの「クラニオ・クリエーションズ」が2019年の秋に発売した水力発電をテーマとしたボードゲーム。

プレイヤーは国営企業のCEOになり、ダムによる水力発電でエネルギー開発を行っていくワーカープレイスメントゲームです。

日本では、テンデイズゲームズが日本語版、拡張セットも発売し、大人気となっています。

 

それでは下記より「ポルトガル年間ゲーム大賞2020」の大賞作品、ノミネート作品を紹介します。

ポルトガル年間ゲーム大賞2020

大賞作品

・バラージ
(Barrage / 2019)

※テンデイズゲームズから日本語版が発売されています。

※⇒boardgame geekのページへ

※⇒ゲーム内容&通販情報はこちら

ノミネート作品

・マラカイボ
(Maracaibo / 2019)

※テンデイズゲームズから日本語版が発売されています。

※⇒boardgame geekのページへ


・パイプライン
(Pipeline / 2019)

※⇒boardgame geekのページへ


・クーパー・アイランド
(Cooper Island / 2019)

※アークライトゲームズから日本語版が発売されています。

※⇒boardgame geekのページへ

※⇒ゲーム内容&通販情報はこちら


・クリスタルパレス
(Crystal Palace / 2019)

※テンデイズゲームズから日本語版が発売されています。

※⇒boardgame geekのページへ

※⇒ゲーム内容&通販情報はこちら


※私のツイッターでは、ボードゲームの予約&通販情報や最新情報を毎日発信しています。ボードゲームが好きな方は、ぜひフォローよろしくお願いいたします。

こちら⇒twitter.com/KenJboardgame